FC2ブログ

全裸の二人の男が向かい合って腹パンチ。鍛えられた腹筋に自身のいきり立った肉棒を擦り付ける

二人の男が一糸纏わぬ姿で向かい合って腹を殴っている。
途中で片方が興奮してしまい、勃起した自身の肉棒を相手の腹筋へ擦り付けている。
なかなかマニアックだが、これもまた興奮する。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

綺麗に6つに割れた腹筋の持ち主の美青年、腹責めに耐える

非常に綺麗な筋肉の持ち主が、腹責めを食らっている。
鍛えられた腕、胸、腹が汗で滲んでいる。
腹責めに耐える苦渋の表情もとても素晴らしいものだ。

両腕を縛られ、屈辱の全裸拷問。腹筋へ強烈な打撃を食らう

男が両腕を縛られ拘束されている。
最初はパンツを履いていたが、それも破られて屈辱の全裸拷問へ。
ひたすら男らしい声を上げて打撃に耐え続ける。

パンツ一丁で腹筋トレーニング。パンチが腹筋と股間を襲う

男がパンツ一丁で腹打ちトレーニングを行っているが、腹筋だけでなく股間も殴られている。
巨根のためかパンツを大きく盛り上げており、男としての魅力が最大限に引き出されている。
呻き声も素晴らしいものだ。

身長差のある巨根男2人が、パンツ一丁で腹筋鍛錬

身長差のある二人が腹筋にパンチしている。
二人ともなかなかのもっこりだ。惚れ惚れする。

タイのイケメン俳優の、やられシーン総集編

タイのテレビドラマには、イケメン俳優がたびたび腹を殴られるシーンがある。
今回はそのシーンだけを抜擢してまとめてみた。
男前がひたすら声を出して殴られているシーンは良い。

敵に捕縛された屈強な男軍人、腹を中心に拷問されてしまう・・

潜入ミッション中に敵に見つかり捕縛されてしまった男軍人、縛り付けられ拷問を食らってしまう。
鍛えられた上半身が容赦ない打撃に襲われる。
後半は水責めで呼吸ができなくなっているところに腹パンチが入る。
男らしい声を上げながら拷問に耐える男の姿に興奮してしまう。

師匠と弟子のボクシングトレーニング、良い声で喘ぎ続ける・・

師匠と弟子らしき二人がボクシングトレーニングを繰り広げている。
途中から師匠による一方的な腹打ちとなり、弟子は男らしく耐え続けている。
非常に素晴らしい喘ぎ声だ。

逆さまに吊るされ、拷問を食らう。失神するが、水をかけられ強制的に目覚めさせられる・・

男が逆さに吊り下げられ、上半身裸でムチを受けている。
これは男が情報を吐くまで繰り返される、拷問だ。
あまりの痛さに失神してしまうが、すかさず水をかけられ強制的に意識を取り戻される・・
人間としての尊厳を100%無視する行為は非常に興奮するものだ

水打ちの刑に遭う細マッチョ男、同時に腹も責められたまらず喘ぎ続ける・・

水打ちの刑に遭っている男臭い細マッチョだが、どこからか黒い手袋をした男が現れ腹責めも食らうことに。
どちらか一方だけでも大変なのに、両方となると良いガタイをしたこの男も耐えられない。ひたすら情けない声を出し続ける。
水も滴る良い男とはこのことだろうか、この男からは妙な色気を感じる。
股間部分も良い盛り上がりを見せており、言うことなしだ。

パンツ一丁の男が馬乗りされ、腹を集中的にひたすら殴られ続ける・・

セクシーな真っ白のパンツ一枚だけを着用した男が、馬乗りされ腹を殴られている。
最初は耐えていた男だが、後半は耐えられず喘ぎまくりだ。
一切の容赦のないパンチに耐え続ける姿はとても格好いい。

キックボクサーの腹打ち鍛錬。ずっしりとした重いパンチを食らう度、たまらず大声で喘ぐ

キックボクサーが道場で腹筋を強化するためコーチらしき人物からボディーブローを受けている。
幾度となくボディーブローが男の腹を襲うが、それでも男はもっと鍛えてくれといわんばかりに自分から腹をコーチへ差し出す・・
だいぶ離れた位置からカメラ撮影しているのだが、それでも腹筋へパンチがヒットしたときの打撃音や男の喘ぎ声はしっかりと聞こえてくる。
かなり大声で喘いでいるようだ、広い道場に男臭い声が響き渡る。
チラッと見える苦渋の表情にも注目したい。

二人の筋骨隆々な男軍人、敵軍に捕まり炎天下のなか上半身裸で拷問を受ける・・

二人の逞しい軍人二人が敵に捕らえられてしまい、拷問を受ける。
両手を後ろで縛られ、炎天下のなか腹を中心に殴られ続け・・
二人の男の悲痛な呻き声と打撃音が敵陣地に響き渡る。
軍人の運命はいかに・・

天井から吊り下げられ、厳しい拷問を一切抵抗できずに食らい続ける・・

とある映画のワンシーン。
天井から男が吊り下げられ、腹めがけて厳しい打撃を食らう。
男が情報を吐くまで、この厳しい拷問は続けられる。
腋毛丸出しで両腕の自由を奪われている状況は男にとってはひどく屈辱だろう。

2人のタイガーマスクの対決。しかし、勝負は一方的な展開に・・なすすべなく殴られ続ける

金色と銀色のタイガーマスクが地下闘技場のようなところで対決しているが、銀の一方的な攻撃が続く。
金色は強烈な攻撃の前に、ただ呻き声を上げながら打撃を浴び続ける。
最後は両腕を鎖に固定され、抵抗できずひたすら殴られ続ける。
スーツに付いているプロテクターのおかげで顔や胸へのダメージは軽減できているかもしれないが、腹にはついていないため無防備である。
腹に打撃が入るたび、いっそう大きな呻き声が地下闘技場に響き渡る。
時間ができたら、この映画の全編も見てみたいところだ。

1VS4の不利な状況でのストリートファイト、もちろん勝てるはずがなく打撃を食らい続ける男・・

とある映画のワンシーンから抜擢。
すでに一悶着終えたあとの、満身創痍の男。
タンクトップは破け上半身が露出しているが、構わず敵のボスグループとの肉弾戦。
しかし、1VS4の圧倒的不利に加えもはや戦う体力の残っていないこの男。敵にされるがままキックを数発貰ったあとは羽交い締めにされ、露出した腹筋へ容赦ないボディーの連打。
戦闘不能となり地面に倒れた男にダメ押しのキック。
響き渡る男の悲痛な呻き声。とても迫力のある、良いやられっぷりだ。


自分より頭一つ分背の高い男から首を掴まれ、膝の連打を腹に食らい続ける

陸上競技場の周りからの視線を感じやすい場所で、堂々と男二人が鍛錬を行っている。
背の高い男が低いほうの男の首を押さえつけ、腹筋へ膝を幾度となく入れている。
逞しい長脚から繰り出される強力な打撃に、男は呻き声を上げながらも必死で耐える。
晴天の競技場に、一人の男の熱い声が響き続けた・・。
強靭な腹を手に入れるためにはこのようなトレーニングが一番効果的だろう。

ムエタイの鍛錬、脇腹に強烈な膝を貰い続けたあとは腹殴り。耐えられず男の呻き声が響く・・

ピンクのトランクスのマッチョなムエタイ男の鍛錬の様子だ。
まずは手始めに自分より背の高い男から脇腹に膝を貰い続ける。かなり辛そうだ。
次にリングの端にてロープに両腕を任せ、腹を集中的に殴られる。
最初は声を出さず耐えていたが、終わらない腹へのパンチに耐えられず呻き声が漏れる。
トランクスに隠された下腹部まで例外なくパンチを食らい続け、男らしく声を上げ耐えるしかない。
最後は指南役からのマッサージ。こうしてムエタイ選手の強靭な体は作られている。

リングの隅で両手の自由を奪われ、ボディーがガラ空きに。腹への打撃を食らい続ける・・

プロレスのワンシーンだ。
黒パンツの男と白シングレットの対戦だが、黒パンツの攻撃により白はリングの隅へ追いやられる。
そしてそのまま両腕をリングロープにかけられ、ボディーがガラ空きの状態に。
腹への強烈な打撃の連続に、白シングレットはただ悲痛な呻き声を上げることしかできない。
抵抗できない男をいたぶるシーンは、やはり興奮する。

ボディーを中心に責められ、8分間に6回もダウン・・。しかし、諦めることなく立ち上がり戦い続ける。

ボクシングの試合動画だ。
青のトランクスと白のスパッツの男が対戦、試合展開は白スパッツの一方的な展開に。
開始1分で強烈なボディーを急所である右脇腹に食らってしまい、リングの隅にうずくまる青トランクス。
その後も、白スパッツの鋭い膝やボディーに苦しめ続けられる青。
最後は飛び膝蹴りを貰いTKO。強烈な攻撃に耐え何度も立ち上がり戦い続けた青トランクスの今後を応援したいところ。

屋外、スパッツ一丁で手を後ろに拘束され、鍛え上げた腹になすすべなく拳や膝が食い込む

屋外で撮影された動画だ。
スパッツ一丁の男が、手を後ろで拘束され抵抗できずガタイの良い男に腹を責められ続ける・・。
喘ぎ声を漏らし、許しを懇願するように相手の目を見つめるが、その態度がより男のサディスト精神に火をつけた。
完膚なきまでに腹を殴り続け、最後は膝を鍛えられた腹筋に食い込ませフィニッシュ。
男の巨根によりグッと持ち上げられたスパッツのもっこりにも注目だ。

自分よりガタイの良い弟子から、強烈なボディアッパーを食らい続けたまらずギブアップ・・

腹打ち修行と題し、自分より頭一つ背の高い弟子から打撃を食らう師匠。
体格差があるため、パンチは必然的にボディーアッパーが中心となる。
同格相手と違い、下から突き上げられる感覚に必死に耐える。
乾いた音が道場内に幾度と鳴り響く。
最後には強烈なボディーアッパーにたまらずギブアップだ。
プロフィール

ダイスケ

Author:ダイスケ
腹筋強化中。
男にとって、筋肉とは身だしなみの一つである。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

問い合わせフォーム
お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
リンク